生活のリスタートに向けて 弁護士2名が最善の解決を目指します

三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)

相談料
初回無料
着手金
事案ごと
成功報酬
事案ごと
夜間相談
可能
土日対応
可能
  • 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
事務所名 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
電話番号 050-5385-1748
受付時間 毎日24時間
定休日 なし
住所 〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階
アクセス方法 JR・神鉄「三田駅」5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日電話
メール受付はこちら

三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)の強みと特徴

全ての案件を2人の弁護士が共同受任

若手&ベテランの弁護士が借金問題に尽力

兵庫県三田市の「三田あじさい法律事務所」の弁護士、植草貢です。当事務所は、弁護士歴44年の経験豊富な敏腕弁護士と、社会保険労務士実務経験者の若手弁護士が2人体制で問題解決にあたります。全ての案件を2人の弁護士で共同受任いたしますので、安心の度合いがいっそう高まるというメリットがあります。

当事務所はこれまで債務整理に関して豊富な経験を有しており、私と共同で受任・遂行する当事務所の代表弁護士は、44年一貫して借金問題に取り組んでいます。確かな知識・経験を有し、ノウハウには自信をもっていますので安心してご相談いただけます。

「24時間電話が繋がる」相談しやすい法律事務所

また、当事務所は全国的にも極めて少数しかない24時間営業の法律事務所です。24時間メールを受け付ける事務所はありますが、当事務所は「24時間電話が繋がる」という点が大きな特長。緊急時にも対応できるよう注力しています。

平日夜間や土日祝での面談にも柔軟にご対応しており、初回相談は、30分程度は無料でお受けしています。「相談しやすさ」を重視した事務所の体制を心がけていますので遠慮なくご相談ください。

弁護士に依頼すれば借金の返済が止まる

毎月の返済から解放されたあと、解決策を検討

弁護士が債務整理手続きを受任すると、受任通知を債権業者に送付し、それによって債務者への返済の督促はもちろん、返済自体もなくなります。毎月の返済はそれまで大きな重圧を伴うものでから、それから解放されるのも大きなメリット。そのあとで今後の生活再建について一緒に考えてまいります。

任意整理~将来利息をカットして返済負担を軽減

依頼者の経済的な生活再建を第一に考える

債務整理には主に、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3種類の方法があります。

「任意整理」は、弁護士が債務者の代理人となり、和解による解決を図っていく裁判外手続です。将来利息をカットしたうえで、分割回数を増やして月々の負担を少なくするように交渉をしていくものです。

将来利息というものが分かりにくく、それをカットしたらどうなるのか?をご存知ない方が多いかもしれません。下に借金額が200万円のケースを示してみました。

◆200万円の5年返済なら「180万円」を減額できる!

借金額が200万円で、借入金利がカード会社や消費者金融の相場である18%とした場合、利息は1カ月で約3万円になります。それを月々6万円ずつ返済したとしても、完済までには5年ほどかかり、借りたお金は200万円であっても、5年間での総返済額は約380万円にまで膨らむのです。つまり、元本200万円以外に、180万円もの利息を支払う計算になるわけです。

これを任意整理の手続きによって利息をカットできれば、返済は元本の200万円だけですから、なんと180万円もの債務額が軽減されることになります。

そして任意整理のあとはもう利息はつきませんから、返済すればするだけ、200万円から確実に借金は減っていきます。完済までの見通しが明確になり、今後の生活再建につなげていくことができるわけです。

任意整理に豊富な経験を有する弁護士

任意整理は和解ですから、法的強制力はありませんが、弁護士が間に入ることで円滑に交渉することができますし、また財産の処分も強制されることがありません。当職はこれまで任意整理の手続きには豊富な経験を有していますので、安心してご相談ください。

自己破産~裁判所に全ての債務を免除してもらう

不安や疑問を丁寧に取り除き、手続きを丁寧に進行

「自己破産」は、裁判所の許可によって全ての債務を支払不能であるとして、すべての債務を免除してもらう手続きです。債務がなくなるので、給料を差し押さえられる、取り立てがくるという心配はなくなります。ただし自宅や車など一定の財産は手放し、債権者だった人に平等に分配されることになります。

自己破産については、破産という言葉のネガティブさからか、過度に忌避される方がおられます。なかには、破産したことが戸籍に載るのではないか? 家族に影響を与えてしまうのではないか? 職場や親戚にばれてしまうのではないか? …といった間違った認識をお持ちの方もおられます。実際には破産したからといって、当面の生活に困るような状況にはなりませんし、周囲に知られるようなこともまずありません。

当職はこうした不安や疑問を丁寧に取り除き、経済的再生をはかるためには有効な手続き選択であることをご説明。依頼者サイドに立った親身なサポートを丁寧に提供してまいります。

債務額が年収の8割を超えてしまうと破産を検討

借金の額が一定の額になってしまうと、任意整理で完済を目指していくことは難しくなります。基本的な考え方としては、債務の額が年収の8割を超えてしまうと、もはや破産を検討せざるを得ない状況になります。逆にいえば、それ以前の債務の段階で相談をいただければ、任意整理という選択肢を考えることも可能です。より選択肢を幅広く持つためにも、ぜひ早めのご相談をおすすめします。

個人再生~裁判所の許可で債務を5分の1に減額

マイホームを残して債務を大幅に圧縮できるメリット

「個人再生」は、裁判手続において再生計画を提出し、裁判所の許可によって債務を原則として5分の1に減額してもらい、数年かけて返済していく方法です。個人再生には「住宅ローン特則」の制度があり、住宅ローン返済中の方は、同ローンはそのまま支払いを続け、その他の債務を大幅に圧縮することが可能です。その結果、住宅を失わずに済むメリットが得られます。こうしたケースに該当する方は、個人再生の選択を検討します。

「過払い金返還請求」はお早めに

最後の取引から10年経てば「時効」になる

「過払い金返還請求」は利息制限法の制限利率を超えて支払った利息を取り戻す手続きです。過払金が見つかったことで、当初自己破産を覚悟していたのが、個人再生や任意整理に方針転換することができるケースもあります。かなり以前から貸金業者からお金を借りた実績のある方は、過払い金が発生している可能性がありますので早めにご相談ください。

植草貢弁護士(三田あじさい法律事務所)からのアドバイス

1秒でも早く弁護士に相談されることをおすすめします

借金の悩みは、決して恥ずかしいものではありません。誰でも起こり得ることで、同時に弁護士に依頼いただくと、何らかの解決の道筋が示せる法律分野です。借金の悩みは、なかなか頭から離れることのないもので、四六時中そのことばかり考えてしまいがちになります。決して1人で抱え込まず、1日、1秒でも早く弁護士に相談されることを強くおすすめします。

所属弁護士

前 哲夫(まえ てつお)

登録番号 No.13749
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

植草 貢(うえくさ みつぐ)

登録番号 No.58826
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

弁護士費用

相談料 無料
着手金 無料(完全成功報酬制)または11万円
報酬金 報酬金経済的利益の17.5%
※料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
※料金は全て税込みです。

任意整理
相談料無料

着手金:3.3万円×整理対象数
報酬なし

過払い金請求
相談料無料着手金無料

着手金無料
報酬経済的利益の17.5%

自己破産
相談料無料

着手金:27.5 万円
報酬なし

個人再生
相談料無料

着手金:33万円
報酬なし

※上記は税込み価格です。

アクセス

兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階

〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階

事務所概要

事務所名 三田あじさい法律事務所(植草貢弁護士)
代表者 前 哲夫
住所 〒669-1529 兵庫県三田市中央町4-5 三田ビル6階
電話番号 050-5385-1748
受付時間 毎日24時間
定休日 なし
備考
メール受付はこちら

その他の兵庫県の債務整理に強い弁護士