依頼者の事情や状況を丁寧に聴き、 ベストな解決法を選択します

つつじの総合法律事務所

相談料
0
着手金
事案ごと
成功報酬
事案ごと
夜間相談
-
土日対応
-
  • つつじの総合法律事務所
  • つつじの総合法律事務所サムネイル0
  • つつじの総合法律事務所サムネイル1
事務所名 つつじの総合法律事務所
電話番号 050-5267-5720
受付時間 平日 9:30~18:30
定休日 土日祝
住所 〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町47-6 加古川ベルデモールビル5A号
アクセス方法 JR加古川駅から南へ徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 後払い可
メール受付はこちら

つつじの総合法律事務所の強みと特徴

JR加古川駅から徒歩5分の便利な立地

依頼者の実情に見合った最適な債務整理を選択

「つつじの総合法律事務所」はJR加古川駅から南へ徒歩5分の便利な立地にある法律事務所です。代表弁護士の中森真紀子が依頼者の方一人ひとりに向き合い、親身にご相談に応じています。どなたにも相談いただきやすいように、相談料は無料でお受けしていますので、一人で悩むことなくお気軽にご相談ください。

3つの手続から状況に応じてフラットに選択

借金問題を解決するための債務整理の手続には、大きく分けて、自己破産・任意整理・個人再生の3つが挙げられます。当事務所では、あくまでも依頼者の方の実情に見合った債務整理の方法を、フラットに選択していくことを大事にしています。まずは面談で現在の収支の状況および、今後の収入などの見込みをお聞きし、最も適した債務整理の方法を選択してまいります。

[自己破産]裁判所の免責で借金がゼロに

最良の解決方法につなげられるよう親身にサポート

自己破産とは、様々な事情で借金の返済が困難になった人が、裁判所に申立を行い、債務者の生活に必要最低限の財産を確保した上で、借金を事実上ゼロにしてもらう手続のことです。債務者の方に、生活の再建と立て直しのチャンスを与えるという意味もあり、経済的再生が根本からはかれる点でもメリットの大きな手続です。

自己破産の言葉から、悪いイメージを持たれている方がとても多いですが、実際にはそれまでの生活が極端に変わってしまうようなデメリットはほとんどありません。当面の生活に必要な資金は残せますし、破産したことが周囲に知られてしまう心配もほぼないのです。

そして破産に至った過程は、その人なりの理由があるものです。やむを得ない事情や状況も多々あり、弁護士としてそうした点も丁寧にお聴きし、ご自身にとって最良の解決方法につなげられるよう向き合っています。生活を再スタートするための方法として、破産はネガティブに捉える必要はないことを、依頼者の方には親身に説明していきたいと考えています。

[任意整理]将来利息をカットして債務総額を軽減

元本のみの分割返済を、債権業者ごとに個別に交渉

任意整理とは、弁護士が金融機関等と交渉をし、借金を減額する手続きです。裁判所を通じない手続きですので、誰にも知られずに進めることができます。

一般的には、遅延損害金や将来利息をカットしてもらい、元本のみの返済を5年程度の分割払いで合意をしてもらうように交渉します。できるだけお客様の経済的再生にあたり現実的な和解を目指し交渉をしていきます。

任意整理は、ご自身に「今後も返していく」という強い意志やご要望があるかどうかがとても大事です。そして、実際に月々の返済額をシミュレーションし、それが完済まで可能かどうかを慎重に見極めた上で選択することになります。

[個人再生]裁判所に申立てを行い、債務を大幅圧縮

「住宅資金特別条項」によって住宅を守ることが可能に

個人再生は、裁判所を通して債務を大幅に減額してもらう法的な手続です。減額された借金を概ね3年~5年かけて支払うことで、残りの借金については支払い義務がなくなります。個人再生は、破産や任意整理に比べて一般的にあまり知られていないかもしれませんが、以下のような方は、個人再生手続を検討されてみてもいいかもしれません。

  • マイホームを手放したくない人
  • 住宅ローンの返済が厳しいが、自己破産をしたくない人
  • 仕事の関係で、自己破産が出来ない人
  • 毎月の返済額を減らしたい人
  • 破産の際に免責不許可事由がある人  など

特に、この中の「マイホームを手放したくない」という方にとって、個人再生は有益な方法です。個人再生には「住宅資金特別条項」があり、住宅ローンについては従前どおり返済を続ける一方で、その他の債務を大幅に圧縮することが可能になります。その結果、マイホームを手放すことなく残すことができるのです。

今後の生活再建のために最もふさわしい手続を選択

こうした3つの手続について、依頼者ご自身のご要望も踏まえながら、今後の生活再建のために最もふさわしい手続を選択していきます。いずれの手続についても当事務所ではこれまで確かな経験を有しており、依頼者のメリットを最大限に考慮しながら親身に相談に乗りますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

過払い金返還請求の「時効」は10年

貸金業法改正前の取引には過払い金の可能性

過払金とは、貸金業者に支払いすぎていた利息のことです。金利の上限は、「利息制限法」という法律により、金額に応じて15%~20%と定められています。しかし貸金業者は、貸金業法が改正・施行される前までの間、利息制限法の制限利率以上の利率(グレーゾーン金利)を違法に取り続けていました。その分を、過払い金返還請求によって取り戻すことができるわけです。

過払金が発生する可能性があるのは、基本的に2006年12月の貸金業法改正前に借入れを続けていた取引といえます。それ以前に借金をしていた方で、最後の取引から(時効となる)10年を経過していない方は、過払い金が生じている可能性がありますので早めにご相談ください。

時効経過後は「時効援用」の手続が必要

自分で対応せず、弁護士に任せることが大事

民法には「消滅時効」という制度があり、借金を何年も返済していないと消滅時効により借金が消滅し、以後支払いをしなくてもよくなるというものです。

ただし、実際に消滅時効が成立するにはいくつかの条件が必要になります。消滅時効の援用手続自体は、それほど複雑ではありませんが、安易にご自身で対応しようとして援用権を失い、多額の借金の返済を迫られるというリスクもあります。そうならないよう、弁護士などの専門家に相談されることが得策といえます。

法人の破産手続にもご対応

破産リスクがあれば、相談だけでも早めにしてほしい

法人破産とは、会社が期限の到来している債務の弁済が困難となり、営業を継続することが難しい状態(倒産状態)に陥った会社が、裁判所を介して会社を清算させる手続です。

法人破産の場合、個人破産に比べて費用が高額になるのが通常で、あらかじめ準備しておくことも必要になります。その他の様々な用意も必要になりますから、相談だけでも早めにお寄せいただくことをおすすめします。

つつじの総合法律事務所からのアドバイス

弁護士への相談という一歩で、状況はきっと変わります

借金の問題はもちろん大変な思いをしておられるとは思いますが、次の一歩を踏み出せば、状況が大きく変わるということがあり得ます。その一歩というのが、弁護士への相談なのです。

借金には、それを整理して生活再建を図るための法的制度がきちんと用意されており、弁護士のサポートによって提供することができます。決して1人で抱え込まず、できるだけ早めに弁護士にご相談ください。

所属弁護士

中森 真紀子(なかもり まきこ)

登録番号 No.35473
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

弁護士費用

相談料:初回無料
初期費用:事案ごと
成功報酬:事案ごと

任意整理
相談料無料

1社あたり 3万3千円(税込)
過払金が回収できた場合、回収額の22%(税込)を報酬金とします。

過払い金請求
相談料無料

回収額の22%(税込)

自己破産
相談料無料

個人破産:33万円(税込)      
個人事業主・法人:55万円(税込)
ただし、事業規模、債権者数等により増減額することがあります。

個人再生
相談料無料

44万円(税込)   
ただし、住宅資金特別条項を利用する場合,増額することがあります。

*破産、個人再生については、基本的に報酬金は発生しませんが、過払金が回収できた場合、回収額の22%(税込)を報酬金としてお支払いいただきます。

アクセス

兵庫県加古川市加古川町寺家町47-6 加古川ベルデモールビル5A号

〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町47-6 加古川ベルデモールビル5A号

事務所概要

事務所名 つつじの総合法律事務所
代表者 中森 真紀子
住所 〒675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町47-6 加古川ベルデモールビル5A号
電話番号 050-5267-5720
受付時間 平日 9:30~18:30
定休日 土日祝
備考
メール受付はこちら

その他の兵庫県の債務整理に強い弁護士