自己破産すると起きる5つのデメリットと大きな1つのメリット

監修記事
札幌パシフィック法律事務所の写真

札幌パシフィック法律事務所

佐々木 光嗣弁護士

自己破産のデメリット

自己破産をすることで、借金の金額がどれだけ多くても法的な支払い義務がすべて免除されます。

しかし自己破産はこの多大なメリットのせいか、それ以上デメリットがあり、自己破産すると人生を棒にふる、すべてが終わる、などといったイメージを抱いている方もいますが実際はそうではありません。

そこで今回は自己破産のデメリットについて詳しく解説した上でメリットも紹介し、自己破産が本当はどういった手続きで、終えた後はどうなのかについても説明していきます。

「そもそも自己破産ってなに?」という方は先に以下の記事をご覧下さい。

自己破産をすると起きるデメリットとは?

自己破産のデメリットは、おおまかに以下の5つとなっています。

デメリット1.数年間は新たな借り入れができない

自己破産すると、その事実が個人信用情報機関に事故情報として記録されます。いわゆるブラックリスト、ブラック状態などと呼ばれ、クレジットカードや住宅ローンなどの審査に通ることが困難になってしまうのです。

今まで借り入れが癖になっていた方にとっては、多大なデメリットになり得ます。

事故情報はいずれ抹消される

とはいえ、この事故情報はいつまでも残ってしまうわけではなく、期間経過によって抹消される取り扱いです。個人信用情報機関によっては抹消までの期間を規定内に明示していないため確実ではありませんが、免責決定からおおよそ5~7年程度で抹消されます。

事故情報が抹消されれば、自己破産していない方となんら変わりありません。

デメリット2.保有財産が処分されてしまう

自己破産すると、自身が保有する財産が処分されてしまいます。処分の対象となる財産は、時価で20万円以上の価値がある財産です。自宅や自動車といった高価な財産、その他、解約返戻金が20万円以上となる生命保険や学資保険なども対象になってしまうため、積み上げてきた財産が多くある方にとって、保有財産の処分は多大なデメリットと言えます。

20万円未満であれば問題なし

しかし、捉え方を変えれば時価で20万円未満であれば保有可能ということ。

自宅といった不動産はどうしても高額になってしまうため保有継続は困難と言わざるを得ませんが、車であれば20万円未満の中古車も出回っていますし、解約返戻金さえなければ保険類も解約までしなければならないといったわけではありません。

もちろん生活必需品である家具家電などは、法律上差押えを禁止される財産であることに加え、多くの場合で20万円未満(使用している以上中古品なので買値で売れることはまずない)になるので生活に困ることもありません。

デメリット3.職業・資格が制限されてしまう

自己破産すると、一部の職業・資格が制限されてしまいます。
おおまかには以下の通りです。

制限される職業・資格一覧

証券会社外務員、旅行業者、宅地建物取引業者、建設業者、不動産鑑定士、土地家屋調査士、生命保険募集人、商品取引所会員、有価証券投資顧問業者、警備業者、風俗営業、質屋、弁護士、司法書士、弁理士、公証人、公認会計士、税理士など。

制限されるのは手続き中のみ

とはいえ、制限されるのは自己破産の手続き中のみです。

具体的にいえば、裁判所への申立後から免責決定(借金が免除になる決定)が確定するまでの期間となっています。自己破産の申立内容によっても期間は多少前後しますが、一般的には3ヶ月~半年程度で制限は解除されるのでご安心ください。

よく制限の中に公務員が入っていると勘違いされがちですが、公務員は自己破産による制限対象には入っていない点も覚えておきましょう。

デメリット4.官報に掲載されてしまう

みなさんは官報をご存じでしょうか?
実は自己破産すると官報に掲載されてしまうというデメリットがあります。

官報とは国が刊行している新聞のようなもので、法改正があった際の公示や破産や相続などに関する裁判所の公告内容が掲載されていて、行政機関の休日以外は毎日発行されています。
ここに自己破産の事実が住所氏名とともに掲載されるのです。

官報なんて誰も購読していない

しかし、ほぼ毎日にように発行されているというのに、読んだことがある方はほとんどいないのではないでしょうか。官報というのは購読に料金もかかりますし、記載される内容も一般の方にとってはほとんど関係ないものばかりなので、購読している方はほとんどいません。法律実務に通じている弁護士や司法書士といった専門家でさえ、官報を毎日のように購読している方なんていないのです。

ということは、自己破産の事実が掲載されたところで、周囲に知れ渡る心配などほとんどないということ。そこまで恐れるデメリットではありません。

5.免責不許可になる場合もある

自己破産というのは、裁判所に認められれば誰でも借金の支払い義務がなくなります。

しかし、自己破産を申し立てたからといって必ず認められるわけではないデメリットもあります。というのも、自己破産の前提条件である、「支払不能状態」であることに加え、免責不許可事由の存在も忘れてはいけません。免責不許可事由とは、免責許可が原則として認められないとされる事由のことで、パチンコや競馬といった賭博行為、株やFXといった射幸行為、過剰なショッピングなどの浪費行為による借金はすべて免責不許可事由となっています。

反省と誠実な態度で手続きの臨むことが重要

とはいえ、免責不許可事由に該当していたからといって、絶対に免責決定が出ないわけではありません。自己破産では、たとえ免責不許可事由に該当していたとしても、担当裁判官自らの判断で免責決定を出す、「裁量免責」という制度があります。

裁判官は手続きの中で、申立人(自己破産を申請した人)を観察し、反省と誠実な態度で手続きに臨んでいると判断すると、裁量免責にて借金を免除にしてくれるのです。

自己破産をすると生まれる大きなメリットとは?

上記のようなデメリットを抱えている自己破産ですが、実はそれを上回ると言っても過言ではない3つの大きなメリットもあります。

すべての借金の支払い義務がなくなる

自己破産することで、すべての借金の支払い義務がなくなります。利息の減額や一部免除ではなく、借金すべての支払い義務がなくなるのは数ある債務整理手続きの中で自己破産だけです。

正確には、裁判所から自己破産手続きの終着点である、「免責決定」を得た後(早ければ申立から2~3ヶ月程度)で借金は全額免除になりますが、この免責決定を得ることさえできれば、もう借金に悩まされない生活を手に入れることができるのです。

どれだけ降り積もった借金も免除してしまうことから、まさに自己破産は人生を再スタートさせるきっかけになってくれる手続きですなお、この借金の全額免除が自己破産最大のメリットと言えます。

強制執行される心配がなくなる

自己破産を検討される方には、すでに支払いが滞っている方も多いです。この場合、債権者(貸金業者などのこと)から強制執行されるおそれがあります。

強制執行とは、裁判所の手続きを経ることで、強制的に銀行口座や給与を差し押さえてしまう手続きを指します。

強制執行をされると今以上に生活が圧迫されてしまうため、可能な限り避けたい手続きの1つです。ところが貸金を回収するために裁判所を通じて強制執行をすることは債権者に与えられている権利であるため、債権者からの強制執行を止めるのは容易ではありません。

しかし、自己破産を利用すると強制執行される心配がなくなるメリットがあります。というのも、自己破産というのはすべての債権者に平等でなければならないため、特定の債権者だけが本人の財産を差し押さえることを禁止しているのです。このメリットは、裁判所が自己破産の申立てを受け付け、「破産手続開始決定」が出た段階で受けることができます。開始決定後は、もう強制執行に怯える必要はありません。

財産をすべて失うわけではない

自己破産と聞くと、どうしてもマイナスイメージばかりが先行してしまい、財産をすべて失ってしまうと想像される方も多いのですが、現実にそんなことはありません。

そもそも自己破産というのは、多重債務に陥った方を救済するために出来た制度であって、自己破産後にまともに生活ができなくなるようなことがあってはならないのです。よって、生活に必要となる家具といった財産は問題なく残すことができますし、時価で20万円以下であれば自動車などもそのまま所有することが認められています。

自己破産後も生活に支障がない範囲で財産を残せるのはメリットと言えるでしょう。

自己破産には人生が終わるようなデメリットは1つもない

上記のとおり、自己破産したところで人生が終わるようなデメリットは1つもありません。

ここまで読んできた方ならわかるように、自己破産のデメリットの中に一生背負い込むようなものはありませんし、一時的に制限されることはあっても、いずれは解かれるものしかありません。

もちろん、借金の理由によって自己破産が認められないこともありません。そのためよく言われている人生が終わるという話はウソと言っても過言ではないでしょう。

自己破産という単語にマイナスイメージがある

多くの方は自己破産という言葉を目や耳にするだけで、マイナスイメージをどうしても抱いてしまいます。しかし、自己破産という手続きは、多重債務に陥って返済しきれなくなった方を救済するために国が作り上げた制度です。

デメリットを見てもらえばわかるように、無条件で借金が免除になるわけではありませんし、非合法な手続きでもなんでもありません。

自己破産は新生活をスタートさせるきっかけ

ということは、世間からの自己破産へのマイナスイメージは間違ったものと言えます。

自己破産とは、なんらかの理由で借金を多額に抱えてしまった方が、新生活をスタートさせるためのきっかけになってくれる前向きな手続きです。

このように、自己破産には人生が終わるようなデメリットはありませんし、手続き後の生活も将来的には何不自由なく過ごせる取り扱いになっているのでご安心ください。

自己破産が必要な方は、ぜひ手続きを利用し、借金のお悩みから解放されてください。

この記事の監修弁護士
札幌パシフィック法律事務所

札幌市中央区にある「札幌パシフィック法律事務所」の弁護士、佐々木光嗣です。私はこれまで、前職までの事務所を含めて5,000件以上の債務整理に関する相談実績があります。債務整理に特化した大手事務所での経験もあり、豊富なノウハウを生かして借金問題に悩む方に最適な債務整理の方法をアドバイスしていきます。

債務整理に強く評判の良い弁護士事務所を探す

債務整理

借金問題に悩んでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい